読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

overprint

印刷とそれ以上の何かについて(少し電子書籍寄り)。気が向いただけでは更新されません。

EPUBによる電子出版ビジネスソリューション調査報告書2012

EPUBによる電子出版ビジネスソリューション調査報告書2012 [EPUB3が可能にする新しい用途と制作環境](CD+冊子)

EPUBによる電子出版ビジネスソリューション調査報告書2012 [EPUB3が可能にする新しい用途と制作環境](CD+冊子)

データ版が60,900円、冊子(オンデマンド印刷?)追加版が71,400円と完全に業界関係企業向けの商品のようです。さすがに個人の興味レベルでは手を出せません…。

EPUB関連のビジネスで必要となる、電子書籍の制作、変換、表示、販売を行うための製品やソリューション、これらの作業を代行するサービスについて、可能な限り網羅的に情報を整理しています。とくに、EPUBの要であるビューアでは、25種類のビューアーで実際にコンテンツを表示させて評価しています。また、制作ツールでは、EPUBに対応しているエディタやオーサリングツールを15種類、変換ツールでは、WordファイルなどからEPUBファイルへの変換するツールやサービスを10種類にわたり解説しています。

と内容紹介に書かれていて、目次をみてもかなりの数のソフトが紹介されているようです。

ソフト名が書かれているのなら、調べれば個々のサイトにたどり着けるんじゃないかと思い立って、それぞれのソフトの元サイトのリンク集を作ってみました。個々のサイトを詳しく見たわけではありませんが、現時点ではEPUB3対応ではないものが多そうです。

ちなみにこの調査報告所はlibra PROのページで各ページの左半分が試し読みできるのですが*1、ビューア紹介の部分では、それぞれのビューアの表示テスト結果を掲載しているようです。これはすごく手間がかかっているでしょうから、著者や関係スタッフはそうとうたいへんだったと思います。

ただ、こういうの一度やり始めると、バージョンアップのたびにテストしなきゃならなくなるし、新しいものがでればそれもテストしなきゃならないでしょうから、なんというか茨の道を歩き出したんじゃないかと関係者の皆さんが心配になりますが…。特に今はEPUB関連のソフトは次々と出ているところですし。

そういうわけでどうぞ。

*1:こういうページ半分だけ読めるというのは、試し読みとしてはすごくよいと思います。