読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

overprint

印刷とそれ以上の何かについて(少し電子書籍寄り)。気が向いただけでは更新されません。

Adobe Digital Publishing Suite価格決定?

Adobeのサイトにはまだ詳細がないみたいですけど、cnetの記事はプレスリリースなのでしょうか

それによるとProfessional Editionは、月額使用料50,000円(要12ヶ月契約)+サービス利用料金ということで、サービス利用料金は発行部数によって下記のようになるそうです。

刊行部数カウント数 ダウンロード毎単価 サービス利用料金
25,000 25円 625,000円
250,000 17円 4,250,000円
500,000 14円 7,000,000円

最低でも50,000×12=60万円は年間固定費として予算立てした上で、1部売れるたびに25円(25,000部までの場合)のコストを考えないといけないということですかね。これって雑誌自体の金額に関係ないってことなんでしょうか? そうするとフリーペーパーとかでは厳しいですね(他の雑誌にコストを乗せる?)。しかもApp Storeの場合さらにAppleにも抜かれるわけで(ですよね?)、利益あげるのは相当厳しい気がしますけど…。

部数が多くなれば利用料金は下がるようですが、一つの雑誌での販売部数なんてたかが知れてるでしょうから、どうしても雑誌の種類を増やすしかないでしょう。
契約対象としては大手の出版社か、凸版大日本のような大手の印刷会社あたりなのでしょう。そうなると大手の印刷会社が中小の(単体ではコストが高く参入できないような)出版社を取り込むという流れが予測されて、なんというかイヤな感じです。

なんというかもう少し規模の小さい、個人でも気軽に参加できるようなものであってほしい気がします。そこに期待してAPDSの情報追っかけていた人もそれなりにいると思います。それとも課金システムを無視すれば、個人で.folioファイル作成して自由に配布できるようになるのでしょうか?