読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

overprint

印刷とそれ以上の何かについて(少し電子書籍寄り)。気が向いただけでは更新されません。

PAGE2011

PAGE2011に行ってきました。

長文レポートは昨日のADPF2011で疲れたのでやりませんが、なんか閑散として業界の斜陽感が肌で感じられるイベントでした。

人はそこそこ来てたんでしょうけど、熱気というか盛り上がり感はあまり伝わってきませんでした。電子書籍関連も(セミナーはいろいろあったみたいですが)展示に限れば去年のほうがなんというか「どうなるかわからないけどいち早くやってみよう」という雰囲気があったような気がします。
JAGAT自身が方向性に迷っているところもあるのでしょうが、業界的に全体が盛り上がる話題に欠ける状況なのがより際立った感じです。電子書籍クロスメディアなんて知ったこっちゃないという印刷会社もいっぱいいるでしょうからねぇ。

やっぱり展示フロアに入ってすぐに何もないスペースがぽっかり空いてると、それだけで閑散とした印象を与えるんじゃないかと思います。展示ホールDの入り口なんてほんとに何もなかったからなぁ…。

いつもはほぼ一日見て回るところなのですが、今年はざっと一周しておしまいでした。しかも午前中はデジタルワークフローソリューションゾーンでセミナー聞いてましたし。

ADPSのセミナーはADPF2011の内容に加えて制作のデモも少々。その後の境裕司氏の「EPUBフォーマットの 電子書籍を設計するための 5つのポイント」はとても勉強になりました。


個人的に展示で一番気になったのはミマキのUJF-3042というUVインクジェットプリンタ。A3サイズ、100V電源でノベルティ作成に用途を絞った感じ。これ販促EXPOとかプレミアムインセンティブショーとかの関係者なら気になる製品じゃないでしょうか。